コラーゲンの浸透|口コミでアイクリームの使用感をチェックしておこう
女性

口コミでアイクリームの使用感をチェックしておこう

コラーゲンの浸透

ウーマン

コンパクトなサイズで配合

コラーゲンは、もともと分子サイズが大きく、肌に与えても簡単には浸透していきません。そのため化粧品に配合するコラーゲンの多くは、低分子化してあります。分子サイズが小さければ、スムーズに肌に浸透していきますし、その分スピーディに肌のハリがアップしていくのです。ところが浸透しやすい分、肌から抜け出ていきやすいので、昨今では低分子化していない生コラーゲンも、多く配合されるようになっています。生コラーゲンの分子サイズは大きく、しかも糸のように長いので、当然そのままの状態では、肌にはなかなか浸透していきません。そのため化粧品には、生コラーゲンをナノカプセルにグルグルと巻きつけてから配合してあります。巻きつけることでコンパクトサイズになっているので、肌への浸透率は高いです。さらに浸透した後でナノカプセルが溶け、もとの大きな分子サイズになるので、抜け出ていきにくいのです。

冷蔵で保存

化粧品用のコラーゲンは、動物や魚から抽出されることがほとんどです。したがって生コラーゲンは、生肉や生魚のように鮮度の高い状態と言えます。常温で放置しておくと腐る可能性があるので、そのため生コラーゲンの化粧品は、冷蔵で保存することが肝心とされています。使用するタイミングで冷蔵庫から取り出し、使用後にはすみやかに再び冷蔵庫に入れるわけです。ただし使用する分については、人肌程度にまで温める必要があります。まずは手の平に適量を乗せ、包み込むようにして温めるのです。その状態で肌に塗ると、温度が同じわけですから、肌は一層スムーズに生コラーゲンを受け入れるようになります。つまり、より高い美容効果が期待できるようになるということです。